【まとめ】iPhone5ユーザーのメリット!ソフトバンクのイーアクセス買収で

ソフトバンクがイーアクセスを買収しました。

買収のきっかけは「iPhone 5」だった。
と、孫社長が発言されたそうです。

では、今回の買収による
「iPhone 5」ユーザーが受けるメリットはなんなのか
まとめてみました。

ソフトバンクイーアクセス 買収資料

「iPhone 5」ユーザーが受けるメリットは3つ

いらっしゃいませ、番台さんです。
ソフトバンクがイー・アクセスを買収しました。
同時に、プランの見直しなども発表されています。

きっかけが「iPhone 5」だったという今回の買収。
「iPhone 5」向けのサービスを強化しているようです。

そこで「iPhone 5」ユーザーがどんなメリットを受けるのか
まとめてみました。

メリットは以下の3つ。

・LTEネットワークに、イーアクセスの1.7GHzが加わる
・テザリング開始日が前倒し
・1.2GB/月のデータ制限撤廃!他社と同じレベルに

LTEネットワークに、イーアクセスの1.7GHzが加わる

イー・アクセスが所有してる、
1.7GHzのLTEネットワークを「iPhone 5」ユーザーが使えるようになります。
これにより、従来より繋がりやすくなるとのことです。

ソフトバンクイーアクセス 買収資料 1.7GHz

1.7GHzは世界標準バンドですので、
すでに「iPhone 5」が対応しています。

ですので、ハードウェアの変更なしに、
すぐに「iPhone 5」が対応可能です。

LTE基地局数は、両社合わせて合計30,000局になる予定です。

ソフトバンクイーアクセス 買収資料 基地局

来年の春までには、整備する予定だそうです。

auと比較すると、以下の表のように、
1.7GHz帯のネットワーク部分が増えることになります。

これで、従来より
繋がりやすくなるとのこと。ちょっと羨ましい。

ソフトバンクイーアクセス 買収資料 周波数帯表

テザリング開始が前倒し

テザリングに関して、孫社長は
「やりたいけど、やりたくない」状況だったと胸の内を明かしました。

技術的には出来るが、従来のネットワークでは、
ネットが混雑して、ネット障害が起きるかもしれない、という心配があったそうです。

しかし、今後は
イー・アクセスのネットワークを使えるようになったことで安心感が出たため、
前倒ししてサービスを開始することが可能になったようです。

ソフトバンクイーアクセス 買収資料 テザリング前倒し

テザリングサービスの開始を待っていた方には
嬉しいお知らせですね。

1.2GB/月のデータ制限撤廃!他社と同じレベルに

今まで、パケット定額サービスにおいて、
1ヶ月のデータ使用料が1.2GBを超えた場合、速度制限をかける注釈が付いていましたが、
それを撤廃することを決定しました。

ネット上でも批判を受けていた制限ですので、
これはその声に応えた対応です。

ソフトバンクイーアクセス 買収資料 データ制限撤廃

新しい制限では、1GB/3日間を超えた場合に
制限がかかるようになります。
(必ず制限がかかるわけではないようです)

これは、ソフトバンクだけではなく、
auやドコモも同様の制限をかけているそうです。

通信制限において、他社と同じレベルになりました。

しかし、
テザリングの、毎月7GBの制限は今後も残ります。

ソフトバンクらしい経営手法ですね

以上、3つのメリットでした。

他社を買収して自社のサービスを強くする、
これは、とてもソフトバンクらしい経営手法だなと思いました。

そもそも、携帯事業に参加したのは、
Vodafoneをまるまる買収してのスタートでした。
今回のイー・アクセス買収も同様の戦略手法ですね。

そこまでしてでも、auには負けたくない、という
孫社長のauへの対抗意識がとても強く感じられる記者会見でした。

au派の番台さんとしては、
LTE基地局が増え、LTEに繋がりやすくなるのは
ちょっと羨ましいなと思います。

auの「iPhone 5」は、バッテリーが長持ちするなどメリットも多いので、
これから買う人は、どちらを選ぶか更に迷いそうですね。

ソフトバンクの「iPhone 5」は、
同社のオンラインショップで予約を受け付けています。

ソフトバンクオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ

参考リンク:
ケータイ Watch
ソフトバンク、イー・アクセスを買収

ソフトバンク株式会社
ソフトバンクとイー・アクセスの経営統合について 説明会動画

イー・アクセス
2012|全ニュース一覧|企業情報|

このページの先頭へ