ZOZOTOWNの欺瞞「送料無料化はなるべく早く実施する予定だった」って??

人気通販サイト「ZOZOTOWN」が
送料無料化へ舵を切りました。

会見では、
「送料無料化はなるべく早く実施する予定だった」
と言っていましたが、矛盾を感じます。

zozotown 送料無料

社長の暴言が影響か?送料無料へ

いらっしゃいませ、番台さんです。
社長がユーザーに対して暴言を吐いたことで
問題になったZOZOTOWN。

参考:BLOGOS
自社のサービス利用者に対して、社長自ら暴言で対応したZOZOTOWN(Takashi Ohmoto)

この度、その問題の元となった「送料」を見直し
無料化に踏み切るそうです。

実施する予定だったらこんな発言はないと思う

会見では、

「送料無料化はなるべく早く実施する予定だった」

という説明があったそうですが、本当でしょうか?

元々、無料で届けるつもりがあったなら、

社長がツイートした

「詐欺??ただで商品が届くと思うんじゃねぇよ。お前ん家まで汗水たらしてヤマトの宅配会社の人がわざわざ運んでくれてんだよ。」

という発言と辻褄が合わなく思えてきます。

送料無料化をする予定があったなら、

「ただで商品が届くと思うんじゃねぇよ」

とは言わないでしょう。

明らかに、元々する予定がなかったけど、
今回の騒動で仕方なく踏み切ったと読み取れます。

このような説明をする企業は、
信頼を得るのは難しいでしょうね。

せっかく成長していた企業なのに、とても残念でもったいない。
経営者って人望が大事なのになあ。

商品価格に上乗せされる危険性はあるのか

ZOZOTOWNで扱ってる商品は主に
他のブランドの商品です。

送料無料化によって、
商品価格に送料が上乗せされる危険性は低いのかなと思います。

そのブランドが、他のサイトで同じ商品を売っていたら、
値段はすぐに分かってしまいますからね。

ただ、「ZOZOTOWN限定です」という形を取って、
他の商品と抱き合わせ販売をしたり、
おまけを付けたりして、
個別の値段が分かりづらくすることは可能ですので、
そういう場合は気をつけた方が良いかも。

参考リンク:
ウォール・ストリート・ジャーナル
経営者は不用意なツイートに注意

スポンサー リンク

このページの先頭へ