【レビュー】メガネっ娘マリリンモンローが可愛すぎる「百万長者と結婚する方法」!(ネタバレ)

1953年の映画「百万長者と結婚する方法」を見ました。

メガネっ娘のマリリン・モンローが超カワイイ。
この映画はマリリン・モンローを見るための映画だ。

カワイイボケを連発してくれます。

百万長者と結婚する方法 メガネっ娘マリリン・モンロー

マリリン・モンローを見るための作品

いらっしゃいませ、「ドジなメガネっ娘」大好きな番台さんです。

1953年の映画「百万長者と結婚する方法」を見ました。
コメディ映画です。

映画としては今ひとつだったけど、
マリリン・モンローが可愛かった!
メガネっ娘ですよ、メガネっ娘!

評価(★5つで満点)
★★★

ストーリー概要

ニューヨークでモデルをしている3人の女性、

シャッツィ(ローレン・バコール)、
ポーラ(マリリン・モンロー)、
ロコ(ベティー・グレイブル)

が、百万長者と結婚するために、奮闘する物語。

シャッツィは、過去の恋愛の失敗から、
なんとしても大金持ちと結婚しようと考えています。

ポーラと共に高級アパートを借り上げ、お金持ちに近づこうとします。

ポーラの紹介で仲間になったロコが、
スーパーで知り合った平凡な身なりの男性、
トム・ブルックマン(キャメロン・ミッチェル)をアパートに連れてきますが、
シャッツィは全く興味を示さず追い返してしまいます。

その後もトムからはアプローチがありますが、
シャッツィは全く相手にしません。

ある日、またロコが毛皮店で知り合ったお金持ちを家へ連れてきます。
シャッツィはその初老の紳士と仲良くなり、結婚を考え始めます。

他の2人も良い相手を見つけ、仲良くなっていくのですが。。。

といったストーリーです。

ストーリーは普通、最後に動きが出ます

ストーリーはそれほど取り立てて面白いというわけではなく、
普通に感じました。

「やっぱり、人生そう上手くはいかないね」という感じですが、
最後は落ち着くところに落ち着きます。

個人的にはもっと、
マリリン・モンローの相手の男(眼帯の男)を
掘り下げた方が良いんじゃないかと思いますが、
結局、あの男はどうなったのか分からずじまい。

劇中で「アイツは本当にお金持ちかどうか怪しい」という種をまいておきながら、
それには結論が出ずに終わってしまいました。残念。。。

それから、ロコが山荘から車で帰る部分が、やけに長く、ちょっとダレます。
あそこはもっと短くて良いんじゃないのかな。
見てる方としては、一番興味が湧かないカップルなんだから。

この車のシーンは、最後にオチがあるので、そのために長くしたのかなあ?
という印象です。

シャッツィの結末は、見てる方としては安心する結末ですね。
そして、最後に笑いを誘う終わり方で終わるのは良かったかな。

オープニングのオーケストラが謎

オープニングに、延々とオーケストラの演奏シーンが続きます。
本編の内容と全く関係が無く、なんなんだ??と思うことでしょう。

私見ですが、
本作は、シネマスコープが出始めた時代の映画だったようです。
そのダイナミックさを伝えたかったのかもしれません。
楽団員全部が横に入りますよ〜的な(笑)。

音楽は、映画音楽の作曲家として有名なアルフレッド・ニューマン。
彼は20世紀フォックスのオープニングファンファーレを作曲した人だそうです。

注目ポイントはここ

マリリン・モンローが超カワイイ!
ポーラという役は、ものすごく目が悪い女性、という設定。

でも、ポーラは、
「眼鏡をかけてる女性は男から相手にされない」という思い込みで
外に出るときは、全く見えないのにもかかわらず眼鏡をかけません。

それで、しょっちゅう躓いたり、壁にぶつかったりして
笑いを誘います。これがカワイイ。

素顔のマリリンもいいのですが、眼鏡をかけたときの顔も最高!
ちょっと教育ママっぽいメガネなので、彼女の持つイメージとは違うのですが、
それがまたいい。

世界最強のメガネっ娘が1950年代にいたよ!

「メガネ女性がモテない」というのは、
現代では、あまりリアリティがありませんが、昔はそうでしたね。

いつ頃からメガネっ娘がモテるようになったんだろうな?
ネット時代以降かな。

それから、「お熱いのがお好き」と、この映画を見てて思ったのですが、
マリリン・モンローの魅力は喋り方ですね。

見た目はナイスバディで迫力あるのですが、
喋り方がとてもカワイイので、そのギャップもたまりません。

結論

ストーリーは普通だし、
演出上もダレるところがあるので、オススメ映画とは言えません。

マリリン・モンローのカワイサを堪能したい人にはいいでしょう。
しかし、3人の主役の中で一番登場時間が少ないかも。

よって星3つ。

評価(★5つで満点)
★★★

スポンサー リンク

このページの先頭へ