ピクサーが続編制作をストップ!完全新作に専念する模様

「トイ・ストーリー」などの名作を生み出してきたピクサーが
続編の制作を停止するそうです。

ピクサーの社長エド・キャットマル氏が宣言。

確かにこのところ、続編が多く、
守りに入っていましたね。

ディズニー本体がいいアニメ作らないから。。。。

ピクサー サイト画面

今後は毎年新作を発表

いらっしゃいませ、番台さんです。
ピクサーが続編の制作をしばらく停止するようです。

映画.comの記事によると、
エド・キャットマル社長がそう決めたようです。

今後は、毎年新作映画を発表。
だだし、年に2作品公開するときに限り、続編を作るとのこと。

ディズニー傘下に入ってから
続編が多かったので、良い傾向だと思います。

ピクサーの場合、続編も面白いから困るんですよね。
通常は、1作目が面白くて、続編になるほどダメなんだけど、
「トイ・ストーリー」はどんどん良くなるし、
「カーズ2」も良い出来でした。

最近のディズニーに厳しい意見

キャットマル社長は、

「ウォルト(・ディズニー)が亡くなったとき、
彼は誰にもバトンタッチをしなかったからダメになった」

と、ディズニーに厳しい。
さすが、わかってますね!その通りです。

最近のディズニーアニメと来たら、
「シュガー・ラッシュ」は
「トイ・ストーリー」と「モンスターズ・インク」を混ぜたような設定だし、
「カーズ」の飛行機版スピンオフ作品「プレーンズ」という作品を
ディズニー名義で公開するようだし。。。。

ピクサー作品と
ミッキーマウスという過去の遺産で食いつないでる感じです。

ただ、
現在、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオズの社長は
ピクサーのジョン・ラセターなんですよね。
いろいろしがらみや社内政治もあるだろうけど、大改革を期待したいところです。

スポンサー リンク

このページの先頭へ