これ欲しい!庵野監督フィギュア!ダイコン版ウルトラマンバージョン!

うわー!これ欲しいな!
ヱヴァンゲリヲンの庵野監督がフィギュアになった!

若かりし庵野監督が自主製作映画で演じた
顔出しの帰ってきたウルトラマン(笑)。

マジ欲しい!

顔は庵野監督のままのウルトラマン

いらっしゃいませ、番台さんです。
メディコム・トイがやってくれました。

なんと、エヴァンゲリオンシリーズの監督
庵野秀明監督のフィギュアですよ。

しかも、彼が若いときに自主製作した、
ダイコンフィルムの
「帰ってきたウルトラマン マットアロー1号発進命令」の劇中で、
顔出しでウルトラマンを演じた時のフィギュア(笑)。

ダイコンフィルム版 帰ってきたウルトラマン

超笑える(笑)。

これ欲しいなあ。
メガネかけてるし、下半身は普通の服だし(笑)。
さすが庵野監督。

エヴァンゲリオンファンは
絶対欲しい一品です。

ヱヴァンゲリヲンの演出の原点と思えるシーンもある

ダイコンフィルムの
「帰ってきたウルトラマン マットアロー1号発進命令」
を見ると、大変興味深いです。

ヱヴァンゲリヲンでの演出の原型らしき物を見ることが出来ますよ。

ドラマ前半、
地球に飛行した物体について、オペレーターが作戦チームに解説するシーンは、
まるで、ネルフ司令室で伊吹マヤがミサトさん達に説明するシーンのようです。

さらに、
隊長が核攻撃宣言をするシーンで、バックが白いライトだけになる所は
ヤシマ作戦のシーンのようです。

エヴァンゲリオンファンなら
一度見ることをお薦めします。

しかも、この映画、
ウルトラマンらしさも充分あり、良くできてるんですよね。
さすがプロのオタクは違うなあ。

話は変わりますが、
先日、下記の漫画を読みました。

庵野監督の妻である漫画家、
安野モヨコさんによる「監督不行届」。

読んだら面白かった(笑)。
オタクに毒されていく嫁の姿が笑えます。

庵野監督の意外な一面を見ました。
かなりのダメ人間ですね、庵野さん(笑)。

スポンサー リンク

このページの先頭へ