1995年のアップルジャパンのCMが洒落ている!筒井康隆さんが夏目漱石!

1995年に制作された
アップルジャパンのCMがいい感じです。

アップルのCMといえば、
「Think different.」が有名ですが、
このCMもなかなか良いですよ!

アップルジャパンCM

いらっしゃいませ、久しぶりに「漢字Talk」という言葉を思い出して、
1人でニマニマしてしまった番台さんです。

YouTubeにアップルジャパンが制作したCMがアップされています。
1995年の作品だそうです。

これがよくできたムービーで、Macファンなら気に入りますよ!

筒井康隆さんが夏目漱石!

まあ、とりあえず、みてください。
4分くらいある、長い映像です。

1995 Apple CM in Japan

作家の筒井康隆さんが夏目漱石っぽい文豪に扮しています。
カレセン俳優の志賀廣太郎さんが編集者?かな。

アップルジャパンCM 筒井康隆

アップルジャパンCM 志賀廣太郎

このCMは、Macユーザーの気持ちをとてもよく表していますね。

好きなのは僕のMacだけで、人のマックは大嫌いだ!」(笑)

ははは、笑える!
確かにその通りでございます。

あのカワユスなゴミ箱!復活して欲しい!

アップルジャパンCM ゴミ箱

それから、ゴミ箱が膨らむ感じ。あれは良かったですよね。
MacOS Xになってからゴミ箱がつまらなくなってしまいましたね。
あのゴミ箱、復活しないかなあ〜。

ゴミ箱を空にするときに、
セサミストリートのオスカーが歌う機能拡張「Oscar the Grouch」がありましたね。
あれも超カワユスでした。

The Grouch for Mac

今のMacにはああいう遊び心が無くなっていますね。
実用的になってきた。

そして、カワイサよりも、オシャレ度が高くなっています。

最高のCMはやっぱり「Think different.」

アップルのCMといえば、やっぱり最高なのは「Think different.」。

クレイジーな人たちがいる

最後に出てくる小さな女の子は、
「名もない人」つまり、僕たち一般の人間も世の中を変えることが出来るよ、
次は君の番だよ、という意味だと勝手に解釈しています。

いいCMだよなあ、これ。

【参考サイト】
Wikipedia
筒井康隆
志賀廣太郎
Think different.

スポンサー リンク

このページの先頭へ