iPhoneのホーム画面にWeb版GoogleMapのアイコンを設置する方法

アップルの地図アプリがダメなので、
Web版の「Google Map」を使うことに決めました。

しかし、毎回、ブラウザを開いてサイトにアクセスするのは面倒。

なので、iPhoneのホーム画面に、
Web版の「Google Map」のアイコンを設定しましょう。
簡単にできますよ。

設定は簡単、1分で出来ます

いらっしゃいませ、番台さんです。

アップルの地図アプリが、まったく実用レベルではないので、
Web版の「Google Map」を使うことに決めました。

しかし、毎回ウェブブラウザを開いてから、
アクセスする手順はめんどくさい。

なので、
一発でアクセスするための方法を解説します。

iPhoneのホーム画面に、
Web版「Google Map」のアイコンを設置するのです。

1分もかからず、簡単に設定できますので、やってみましょう。
この方法は、他のWebサイトのアイコンを設置する際にも応用が可能です。

まずは「Google Map」にアクセス

最初は、ウェブブラウザ「Safari」を開いて、
「Google Map」にアクセスしましょう。

アクセスしたら、
画面下部の、丸印のマークをタップして開きます。

「Google Map」

通常、このマークは
開いてるサイトをブックマークに追加する際などに使用するマークです。

今回は、ホーム画面にアイコンを設置するので、
開いたメニューから、
「ホーム画面に追加」をタップして選びます。

ホーム画面に追加を選ぶ

次に開いた画面では、
ホーム画面に追加するアイコンの名前を設定します。

好きな名前で大丈夫です。
デフォルトでは、「Google マップ」と表示されます。

名前を決めたら、右上の「追加」ボタンを押して、追加します。

ホームに追加 名前を設定

完了すると、ホーム画面に追加されているはずです。

ホーム画面に追加されました

以上で完了です。

次回から、「Google Map」にアクセスする際は、
このアイコンをタップすれば、一発でアクセス出来ます。

この方法は便利なので、覚えておきましょう。

冒頭で申したように、
他のサイトのアイコンを追加する際にも
同様の方法で設定可能です。

参考リンク:
Google Map
トップページ

スポンサー リンク

このページの先頭へ