Google Playのニセ者を見分ける方法が載ってた

Androidユーザーは気をつけて!
「Google Play」の偽サイトがあるそうです。

利用すると個人情報が抜かれてしまいます。

素直に「iPhone 5」に乗り換えよう(笑)。

Androidは脆弱性が指摘されている

Android 偽Google Play

いらっしゃいませ、番台さんです。
正月はちょっとゆっくりしすぎました(笑)。

これから、更新頻度を上げていきます。

さて、シマンテックによると、
Android向けのマルウェア「Android.Exprespam」が拡散しているとのこと。

感染すると、「Google Play」のニセサイト
「Gcogle Play」へのアクセスを促されたりして
個人情報などが抜き取られてしまうそうですよ。

Androidユーザーの方は、気をつけましょう。

andronaviによると
対策としては以下のことに気をつけるといいようです。

「Google Play」の偽物を見破る方法

  1. 「Playストア」の画面上部にURLが表示されていたら、偽物。
  2. 本物は「Playストア」アプリで表示される。
    ニセ者はブラウザで表示される。

  3. 拡張子が.apkのファイルがダウンロードされたら、偽物。
  4. 本物は「Playストア」アプリにて一貫して操作。
    ダウンロード後にインストールさせる操作ではない。

  5. インストールするかどうか聞いてきたら、偽物。
  6. 本物はダウンロード後ではなく、ダウンロードする前に確認される。

もし、怪しいなと思ったら、
上記のことを気をつけてみましょう。

もしくは、あらかじめ、
カスペルスキー」や、「ノートンモバイルセキュリティ」などの
セキュリティソフトを入れておきましょう。

マルウェアが恐ろしいのは、自分の情報だけではなく、
電話帳に登録してある、友人知人の情報まで抜いていくこと。

「あいつのせいで俺の情報が漏れた!」
なんて、人にヒンシュクを買う前に
しっかり自分の携帯端末には、対策を整えておきましょう。

かねてからAndroidの脆弱性は指摘されていました。
こうしてマルウェアが広がっていると、やっぱり心配です。

元ドコモ執行役員だった夏野剛さんは、
以前、講演で

「政府要人にはAndroidではなくiPhoneを使えと進言している」

と言っていました。

通信産業にいた人がこう言うくらいですから、
それだけAndroidは情報が漏れやすいのでしょう。

Androidユーザーの方は
思い切って「iPhone 5」に乗り換えてみませんか?
Androidよりも安全性は高いと言われています。

「iPhone 5」はソフトバンクとauのオンラインショップで
絶賛発売中です。

ソフトバンク
ソフトバンクオンラインショップ

au
iPhone 5

ソフトバンクオンラインショップ

参考リンク:
シマンテック
Android.Exprespam の出現は地検の不起訴が引き金か | Symantec Connect Community

スポンサー リンク

このページの先頭へ