低価格iPhone発売?理由はシェア低下が原因とのこと

ウォール・ストリート・ジャーナルが
今年後半にも
低価格の「iPhone」が発売されるのではないかと報じています。

理由はスマートフォン市場での
シェア低下が原因とか。

安い材質を使い、価格は99ドルくらいか?

いらっしゃいませ、権威に弱い番台さんです。

天下のウォール・ストリート・ジャーナルが
低価格「iPhone」の可能性を報じています。

今年後半にも発売されるかもしれないとのこと。

形状は同じで
材質はアルミではなく、ポリカーボネート・プラスチックなど
割安な素材を使用する可能性もあるようです。

価格については、ブルームバーグが
99ドル〜149ドルと予想しています。

かなり安いですね。

アップルの市場シェアが14.6%まで低下

低価格版を発売する理由は、
スマートフォン市場でのアップルのシェアが低下していることだそうです。

調査会社のデータによると
2011年の末で23%あったシェアが
14.6%まで低下している模様。

おそらく、Android勢が勢いを増しているのでしょう。

アップルらしくない戦略

低価格で新興国のシェアを伸ばしたいようですが、
こういう戦略はアップルらしくないですね。

「iPad mini」もアップルらしくない製品だと思いますが、
今回の低価格版もアップルらしくない。

このように、仕方なく製品を発売し始めたら、
メーカーの未来は暗いと思います。

かつてのアップルは

「これが俺たちの製品だ!欲しいやつは買え!」

という姿勢が感じられました。

市場が今求めてる製品ではなく、
自分達が良いと思える商品だけを提供してきたと思います。

そしてちょっと未来を感じさせる商品。

最近のアップルには、それがないですね。
焼き直しばかりで、やや残念。

とはいえ、「iPhone 5」はいい製品。
テザリングってホント便利。

ホテルのロビーで仕事をしなくちゃならなくなった時、
それを実感しました。

まだ使ったことのないことは、購入してみてはいかがですか?

「iPhone 5」はソフトバンクとauのオンラインショップで
絶賛発売中。

ソフトバンク
ソフトバンクオンラインショップ

au
iPhone 5

ソフトバンクオンラインショップ

参考リンク:
アップル
iPhone 5

スポンサー リンク

このページの先頭へ