GoogleがiOS版Chromeをついにリリース!PCと同期も出来るよ!

Googleが同社のウェブブラウザChromeの
iPhone版とiPad版をリリースすると発表しました。

本日からダウンロード可能になるそうです。

iOSの地図アプリ以降、
GoogleとAppleの戦いが激しさを増しています。

ついに来た!iOS版Chrome!

Google Chrome iOS

いらっしゃいませ、Firefoxの重さにうんざりしている番台さんです。
すぐ虹色アイコンになるよな!あいつよ!

さて、GoogleがiOS版のChromeをリリースしました。
同時にGoogle Driveのアプリもリリースしています。

デバイス間で同期が可能です

iOS版のChrome、
すでにiTunes Storeでダウンロードできます。

開いたタブやブックマーク、パスワード、アドレスバーのなどは、
PC、iPhone、iPod touch、iPad との間で同期させることができるようです。

前回の終了時とまったく同じ状態から使用できるのもうれしい。
Lionみたいだね。

PC側のChromeで開いたページをワンクリックで
他のデバイスに送信できるので、
外出するときにも便利。

動作環境は
iPhone、iPod touch および iPad 互換iOS 4.3 以降が必要
とのこと。

Google Driveのアプリもリリース!

「Google Drive」のアプリは、
現在、英語版しかリリースされていないようです。

レビューでは日本語が文字化けするとの書き込みもありましたので、
ちょっと待った方が良いかな。

こちらの動作環境は
iPhone、iPod touch および iPad 互換iOS 5.0 以降が必要
とのこと。

ますますレッドオーシャン

クラウド戦争がどんどん激しくなっていきます。

Googleは独自のタブレットを発売、
マイクロソフトはSurfaceを発表、
アマゾンはキンドル上陸、

と、対アップル攻勢が厳しくなっていきそうですね。

同じ土俵で戦い始めると、
全社が疲弊して共倒れになってしまうこともあります。
今後、どうなっていくのでしょうか?

ユーザーとしては、安くて便利で安全に使えるのが一番良いのですが、
利益が出ず、サービス打ち切りでサポートもストップとかはやめてほしい。。。

参考:
Engadget Japanese
速報:Google、iOS版 Chrome ブラウザを本日提供。PCやAndroid版と同期

スポンサー リンク

このページの先頭へ