中小企業に最適!サイト改ざんを自動検知修復してくれるサービス「サイトキーパー」

ウェブサイトが改ざんされたら大変です。
その為に日頃の備えが必要。

サイト改ざんの検知や自動修復を行ってくれるサービス
「サイトキーパー」が登場しました。

低コストで導入できるので
IT担当者がいない中小企業にも最適だと思います。

サイトキーパー 記事 パソコンイメージ画像

サイト改ざんを自動検知・修復してくれるサービス「サイトキーパー」

いらっしゃいませ、番台さんです。

ウェブサイトの改ざんは自分が気づかない間に行われるので怖いですね。
特に、ビジネスをしている企業のサイトは、
お客さんに迷惑がかかるので、常に気をつける必要があります。

そんな時代を反映して、
ウェブサイトの改ざんを自動でチェック、修復をしてくれるサービスがあります。
それが「サイトキーパー」です。

 → WEBサイト改ざん検知・自動修復サービス「サイトキーバー」

自動なので人的コストがかからない

「サイトキーパー」を導入すると、
改ざんの検知から修復までを自動的に行ってくれます。

共用のレンタルサーバーでも運用が可能ですので、
自社サーバーを持っていない中小企業のサイトにも最適。

その上、24時間365日、常時監視してくれるので安心です。

従来必要だった、監視するための人的コストを削減することが出来ます。
「改ざんチェック」だけなら、価格もかなり安くなっています。

プランは3つ、自動修復は一番高いプランのみ

サイトキーパーの契約プランは3つのコースがあります。

「サイトチェック(Site Check)」
「レスキュー(Rescue)」
「リカバリー(Recovery)」

すべてのコースに「サイト改ざんの検知」が含まれていますが、
「サイトの自動修復」が含まれているのは、
「リカバリー」のみです。

中小企業で、予算に余裕のあるところなら
「リカバリー」を契約するのが良いでしょう。
IT担当者がいない場合も「リカバリー」がいいでしょう。

もちろん、自分で修復可能であれば、
検知だけしてくれる他のコースでも良いと思います。

「サイトチェック」と「レスキュー」の違い

「サイトチェック」と「レスキュー」の違いは以下の通り。

「サイトチェック」
・対象ファイルの範囲はHTMLファイルのみ
・「OpenVPNの提供」がない
・「リンク切れ検知」がある

「レスキュー」
・対象ファイルの範囲は全ファイル
・「OpenVPNの提供」がある

その他、検知の仕組みにも若干の違いがあるようなので、
詳しくは公式サイトをご覧ください。

公式サイト
WEBサイト改ざん検知・自動修復サービス「サイトキーバー」

ハッキングや改ざんは日進月歩で進んでいきます。
自分たちだけでは、対応にも限界があります。。

サイトの改ざんはビジネスに大きな打撃を与えますので、
危機管理の一環として、導入を検討してみては如何でしょうか?

このページの先頭へ