地獄の絵本が売れているというウソみたいな本当の話(笑)

いま、絵本「地獄」というのが売れているそうですよ。

いったいなんで??
と思いますが、

どうやら、子育てがキーワードだそうです。
どういうこと??

子供を躾けるために、地獄を見せるらしい

いらっしゃいませ、番台さんです。

絵本「地獄」。

なんともインパクトのあるネーミングですね。
インパクトがあるのはネーミングだけではありません。

ほれ。
絵もすごいぞ。

もとは千葉のお寺にある絵巻だそうで、
それを絵本にしているらしいです。

絵巻だけに、中身は日本画風な地獄絵図。
これが何で売れてんの??

どうやら子供を躾けるために、お母さんが子供に読んできかせるそうです。
うそー!ひきょうものー!(笑)

こんなの見せられたら、そりゃビビるっつーの。

見せられた子供達は、地獄に行きたくない一心で
よい子に早変わりするそうですよ。
そういう教育でいいのか??

どうして急にこの「地獄」なのか??

なんで、いきなりこの絵本が脚光を浴びたかというと、
漫画「ママはテンパリスト」で取り上げられているそうです。

この漫画を読んだことがないので、詳しくは知らないのですが、
作者の方が子供に読み聞かせている描写があるそうですよ。

恐怖感を与えて脅すことで良い子にさせるってどーよ。と思うのですが、
それだけ、子育ては大変なんだろうな。

どうせなら、ポジティブなことを教えていい子にさせようよ。

と、子育てとは無縁の人間が無責任に言ってみる。

ちなみに、楽天ブックスで「地獄」をチラ読みできますので、
興味がある方はリンクからどうぞ。

スポンサー リンク

このページの先頭へ