銀座チョコレート通りにゲルストナーのカフェが上陸!

銀座のショコラストリートに
オーストリアはウィーンの老舗ショコラティエ、
「ゲルストナー」のカフェがオープンします。

1847年創業の
オーストリア王室御用達名門ショコラティエ。
いったいどんなお店になるのでしょうか?

ゲルストナーのチョコレート

オープンは5/1

いらっしゃいませ、番台さんです。

高級チョコレートショップが軒を連ねる、
銀座の西五番街通り。
この通りは、通称「銀座ショコラストリート」と言われています。

ジョエル・デュランや、イルンサンジェー、
ピエール・マルコリーニなど、
有名チョコレートショップが建ち並ぶ、
チョコレートマニアには嬉しい通り。

そこに、
ウィーンの老舗ショコラティエ「ゲルストナー」のカフェ
「ゲルストナー銀座カフェ」が
5月1日にオープンします。

クラシック音楽を楽しめるお店

「ゲルストナー銀座カフェ」は
音楽の都ウィーンから来ただけあって、
クラシック音楽を楽しめるカフェとなるようです。

スピーカーの配置が定められており、
どの席からも音楽がきちんと聞こえるように設計されています。

流す音楽には、
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の音源を
ウィーン本国から取り寄せるなど、
クラシック音楽好きも楽しめるようになっています。

食事制限したエリザベート皇妃ですら食べていた

歴史の教科書でおなじみの、ハプスブルク家。
その象徴とも言えるエリザベート皇妃は、
ヨーロッパ宮廷一の美女と言われるほど、美貌を保つことに熱心でした。

美しさを保つために食事制限をしていた彼女ですが、
それでもゲルストナーのチョコレートは
部屋にあったそうですよ。

それだけ美味しかったと言うことでしょうね。

ゲルストナーの商品パッケージには、
彼女の肖像がプリントされた物も多くあるそうです。

本国以外の店舗は日本のみ

ゲルストナーのカフェが出来るのは、
本国以外では日本のみ。

日本オリジナルメニューもあるそうですので、
是非足を運びたいですね。

ウィーンと言えば、
コーヒーの上に生クリームをのせた「アインシュペナー」が有名。
まずはこれでしょ。

スイーツ男子としては、
超楽しみじゃ。

参考リンク:
PR TIMES
皇妃エリザベートが愛し、天皇皇后陛下にも献上された、王室御用達ブランドが銀座ショコラストリート®第5のブランドとして、日本初上陸

このページの先頭へ