ピクサーがうっかりCGデータを消去していた!トイ・ストーリー2の制作秘話

ピクサーが映画「トイ・ストーリー2」を製作していた時、
間違って大事な作成CGデータを消してしまっていたそうです。

どうやってそれを切り抜けたのでしょうか?
海外のサイト、Testedが伝えています。

名作「トイ・ストーリー2」の裏には大変な苦労が

トイ・ストーリー2画像

いらっしゃませ、ピクサー大好きな番台さんです。

トイ・ストーリー2」と言えば、泣く子も黙る大ヒット映画。
個人的には1よりも好きですし、良くできていると思っています。

特に、ジェシーの回想シーン!
あのシーンは最高に泣ける!!!!!!!!!
歌がいいんだよ、これまた!

あんないい映画を作っていた時、
ピクサーもえらい苦労をしてたんですね。

最強の映画スタッフである、ピクサースタッフも、
やっぱり人の子でした。
うっかり、大事なCGデータを消してしまうなんて。。。

Linuxの消去コマンドをうっかり入力してしまった

海外サイト「TESTED」によると、
ピクサーではLinuxマシンを使用したそうなのですが、
どうやら、
スタッフがうっかり消去コマンド「rm*」を入力してしまったそうです。

なぜ、そんなコマンドを入力しちゃうのかわかりませんが、
それで、数十人のスタッフが長期間かけて作成したデータが消えてしまいました。

こんな時に不運は重なるもの。

ピクサーのバックアップシステムも上手く動作していなかった

さあどうする!どうする!
と思っていたところ、

スタッフの1人が、自宅にバックアップを保存していたそうな。
それを元の復元して事なきをえたとか。

そのスタッフは子供が生まれたばかりで、
在宅勤務をしていたそうで、
家に作業ファイルを持ち帰っていたんですね。

それで、データが家にあった。

最近の会社では、セキュリティ云々で、
家に仕事のファイルを持ち帰ることを禁止している場合が多いですが、
こういうこともあるんですね。

それにしても、ピクサーはセキュリティ甘くないかな?
大事なデータをそんな簡単に家に持ち帰っていいの?
大丈夫なんだろうか、流出しないんだろうか?

今回はそれで助かったけど、
やばいことになる可能性もあるよね。

まあ、そういうリスクに対する対応も
しっかり考えられているんだろうけど。

データが消えたときのあの嫌な気分は味わいたくないですね。
前身から汗が噴き出る!!

今回のお話がムービーになっています。

なお、Testedによると、
「99%実話」という但し書きがあるようなので、
若干、信憑性には欠ける話のようです。

実際はどうなんでしょうね??

ピクサー・アニメーション・スタジオ
公式サイト

Tested
HOW PIXAR ALMOST LOST TOY STORY 2 TO A BAD BACKUP

インターネットコム
Linux コマンド「rm*」で、Pixar アニメ「トイ・ストーリー 2」が消えた

スポンサー リンク

このページの先頭へ