ピクサー最新作にはジョブズへの哀悼の映像が含まれるらしい

ピクサー新作映画
「Brave(邦題「メリダとおそろしの森」)」。

ジョブズ死後最初の公開作となります。
映画では、ジョブズに敬意を払った、
哀悼の映像があるようです。

メリダとおそろしの森

いらっしゃいませ、森ガールが意外と好きな番台さんです。
元アップルCEOのスティーブ・ジョブズ、
彼は、ピクサーのCEOでもありました。

ピクサー最新作「メリダとおそろしの森」は
ジョブズ死後の最初の作品となります。

エンドロールに哀悼の意が

「メリダとおそろしの森」のエンドロールにて、
ジョブズへの哀悼の意が表現されるそうです。

エンドロールのジョブズの名前のところで、
「鬼火」が彼の名前の周りを漂うとのこと。

この「鬼火」は、
「メリダとおそろしの森」のストーリーでも重要なアイテム。

それを使った演出のようですね。

この夏公開された際には、
最後まで席を立たずに、じっとエンドロールを見守って涙したいと思います。

【参考サイト】
Computerworld
ピクサー、最新作で故スティーブ・ジョブズ氏に敬意

ピクサー
経営陣紹介

ディズニー公式サイト
メリダとおそろしの森

スポンサー リンク

このページの先頭へ