ブログエディタ「MarsEdit」が「Mountain Lion」に対応しました

著名ブロガーの多くが使用している
人気ブログエディタ「MarsEdit」。

この度、アップデートして
「OS X Mountain Lion」に対応。
もちろん、番台さんも愛用しています。

「MarsEdit」アップデート

いらっしゃいませ、「MarsEdit」ユーザーの、番台さんです。
このブログも「MarsEdit」で書いていますよ。

「MarsEdit」が「OS X Mountain Lion」対応にアップデートされたそうです。

Retinaディスプレイにも対応

今回のアップデートでは、
「OS X Mountain Lion」だけではなく、
Retinaディスプレイにも対応したようです。

それから、いくつかのバグフィックスも行われており、
より安定した動作になっているはずです。

購入ユーザーなら、
無料でアップデートできるはずです。
「App Store」を起動して、「アップデート」からアップデートしましょう。

MacのDock内か、アプリケーションフォルダ内に
下の図のようなアイコンの「App Store」があるので、それを起動。

App Store

起動すると、上部メニューに「アップデート」アイコンがありますので、
そこにアップデート可能なアプリが出ているはずです。
(右端のアイコンです)

App Storeのメニュー

番台さんは、数ヶ月前から「MarsEdit」を使い始めていますが、
これが快適ですね。

WordPressの管理画面から投稿するより
はるかにラクです。

多少、管理画面上で修正する部分もあるのですが、
それでも、画像のアップやプレビューを見ながらの書き込みは
とても快適です。

WordPressユーザーの方にはお薦めです。
有料ですが、使ってみる価値はありますよ。

公式サイトには、
30日間フリーのデモ版もあります。

参考リンク:
MarsEdit 3
公式サイト

スポンサー リンク

このページの先頭へ