iPhoneユーザー注目!スポーツにはBOSE SIE2i スポーツヘッドフォン!

BOSEのレセプションパーティで
新しいヘッドフォンをチェックしました。

エクササイズ専用のヘッドフォンが2機種。

「iPhone」専用モデルもありますよ!

いらっしゃいませ、BOSE大好き、番台さんです。

前回の

驚愕の音!BOSEのTV用スピーカー「Solo TV sound system」がすごい!

に続き、

BOSEのレセプションパーティでチェックした
BOSEの新製品をご紹介。

今回は「iPhone」で操作ができる
エクササイズ専用ヘッドフォンをご紹介します。

ヘッドフォンは2種類発売。1つは「iPhone」専用!

今回発売される、エクササイズ専用のヘッドフォンは、

Bose SIE2 sport headphones」と「Bose SIE2i sport headphones
の2種類です。

ボーズ初のスポーツヘッドフォンだそうです。

そのうち、「Bose SIE2i sport headphones」は
「iPhone」専用のヘッドフォンとなっています。

2つのモデルの名前が似ていて分かりづらいですが、
「SIE2」の後に「i」が付いているのが「iPhone」専用モデルです。

会場には「iPhone」に繋がれた
ヘッドフォンがずらっと並んでおりました。

Bose SIE2 sport headphones 展示状態

カラーは2色。オレンジは「iPhone」専用モデルのみ

「SIE2」シリーズは、
グリーンとオレンジの2色展開で発売されます。

しかし、オレンジは
「iPhone」専用の「SIE2i」モデルのみでの発売です。

まずは、こちらが「SIE2」。

Bose SIE2i sport headphones2

カラーはグリーンのみの発売です。
ちょっとヱヴァンゲリヲンの仮設五号機っぽい色づかい。

Bose SIE2 sport headphones 耳の部分

耳に差し込む部分は、特殊な形状をしています。
上に尖ってる部分は、耳に突っ込むわけではなく、
耳の穴の上部に固定する形で差し込みます。

Bose SIE2 sport headphones 耳当て部分

こんな感じです。

bose SIE2 sport headphones 耳への入れ方
※画像はボーズの公式動画より。

試しに耳にはめて見たところ、
最初は入れづらく感じますが、
入れてみると、しっかりとしたホールド感でいい感じ。

ケーブルを結構強く引っ張ってみても、外れることが無く
これなら、走りながらや動きながらでも安心して使えそうです。

「iPhone」専用モデルはリモコンで電話応答に切替可能

そして、こちらが「SIE2i」。
「iPhone」専用モデルです。

グリーンとオレンジの2色で発売されます。

Bose SIE2i sport headphones

オレンジのカラーがすごくいいです。カワイイ。
グリーンよりもいいですね。

Bose SIE2i sport headphones オレンジモデル

ケーブルの二股部分には、
音量調節や再生コントロールが可能なリモコンが付属しています。

Bose SIE2i sport headphones リモコン部分

このリモコンには、マイクも付いているので、
電話への応答や通話も可能になっています。こりゃ便利。

ケーブルには、クリップも付いています。

Bose SIE2 sport headphones ピン

「Reebok」のロゴが入っていますが、
じつは、この「SIE2」シリーズは
リーボックとのコラボレーションモデルなのです。

付属のアームバンドは、Reebokとの共同開発

「SIE2」シリーズの両モデルには、
「iPhone」を収納する、アームバンドが付属しています。

このアームバンドはリーボックとの共同開発。

通気性と伸縮性のある素材を使用しているので、激しい動きにもバッチリ。

Bose SIE2 sport headphones アームバンド

現状では、「iPhone 4/4S」がピッタリ入る大きさになっています。
将来的には、「iPhone 5」の大きさに対応するようです。
後日、交換サービスもあるかもしれないとのこと(まだ未定)。

Bose SIE2 sport headphones アームバンド2

このアームバンドがすぐれもので、
ホルダーに「iPhone」を入れて、透明カバーの上からタッチパネルに触れると、
きちんと「iPhone」が反応し、操作することが可能なんです!すげ!

裏側はこのようになっています。
腕の太さに合わせて、バンドの長さを調節できます。

Bose SIE2 sport headphones アームバンド3

ヘッドフォンが通る専用の穴もあいています。

Bose SIE2 sport headphones アームバンド4

この「SIE2」シリーズは、エクササイズ専用ということで、
汗などに対する、防滴性も高く、
プラグやケーブルも激しい動きに耐えうる、優れた耐久性を備えています。

音はタイトで硬めの音に感じました

自分のiPodを繋いで、音楽を聴いてみたところ、
思っていたよりも高音も出て、タイトで硬めの音に感じました。

ボーズのヘッドフォンというと、低音が強い印象があるのですが、
この「Bose SIE2 sport headphones」シリーズは、
高音もしっかり出ており、バランスの取れた音になっているようです。

個人的には、もっと甘くマイルドな音が好みなので
大好きな音というわけではありませんでしたが、
スポーツをするには、こういったやや強い音質の方が合ってるかもしれません。

「iPhone」だけではなく、「iPod」「iPad」にも対応

「iPhone」だけではなく、「iPod」「iPad」にも対応しています。
対応機種は以下の通り。

リモートコントローラとマイクは
iPod nano(第4世代以降)、iPod classic(120GB/160GB)、iPod touch(第2世代以降)、
iPhone 3GS以降、iPad のみ対応しています。

リモートコントローラは、
iPod shuffle(第3世代以降)に対応します。
オーディオ機能はすべてのiPodモデルに対応します。

最新のiPodソフトウェアが必要です。

結論

耳にフィットして、簡単には外れないホールド感がすばらしいです。
スポーツ中に使うヘッドフォンとして、快適に使用することが出来ると思います。

普通のヘッドフォンだと、
激しい動きで外れてしまい、イライラすることがありますが、
「Bose SIE2 sport headphones」シリーズなら、安心です。

耳に入れる部分の素材も柔らかく、長時間入れていても辛くないでしょう。

スポーツ中に使うヘッドフォンを探している方には、オススメです。

「iPhone」専用モデルの「SIE2i」は
手元で音楽もコントロールできるので、便利です。

「SIE2i」は「SIE2」よりも、多少お値段が高いですが、
電話に出られるなど、利便性も高いので、
3000円程度の価格差なら、「iPhone」専用モデル「SIE2i」を買うべきです。

オレンジを選ぶ事が出来るのもいいですね。

買うなら、「SIE2i」をオススメします。

「iPhone 5」に付属している新型ヘッドフォン「EarPods」も
従来のヘッドフォンに比べて音が良くなっていますが、
専門メーカーのヘッドフォンにはかないません。

男子風呂(ぐ)
クリア!iPhone5の新しいヘッドフォンEarPodsはかなり音が良くなった!

評価(★5つで満点)
★★★★

ボーズのオンラインショップで購入可能すれば、
「30日間返品・返金保証」がありますので、
購入後、気に入らなくても安心です。
下のバナーからどうぞ
↓↓↓
Bose SIE2i sport headphones
ボーズ SIE2 スポーツヘッドホン

参考リンク:
BOSE
Bose SIE2i sport headphones

この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

このページの先頭へ