楽天ウェブサービスを使ってCD検索する際の2つのチェックポイント

楽天の検索システムを、自分のサイトに組み込むことが出来る、
楽天ウェブサービス。

利用する際に気をつけるべき大きなポイントがありますので、
自分のためのメモをかねて記事にしました。

ここをチェックしないと、検索結果が大きく変わります。

記事タイトル画像

いらっしゃいませ、番台さんです。

ネタ帳のYamadaさんの記事を見に来る方も多いようなので、
アフィリエイトに役立つネタを一つ。

楽天ウェブサービスのお話です。

CD検索に楽天ブックスCD検索APIを使うべきではない

楽天ウェブサービスの検索API。
自分のサイトに組み込むと、お小遣いも稼げますし便利なサービスです。

楽天ブックスのCDを検索したい場合は、
楽天ブックスCD検索API」という物を使用しますが、
「楽天ブックスCD検索API」では、キーワード検索が出来ません。

「タイトル名(title)」や「アーティスト名(artistName)」などでの検索になります。

が、これがクセ者。
検索ボックスに

「いきものがかり ありがとう」

というように、「アーティスト名」と「アルバム名」を同時に入れて検索すると、
検索結果に出てこない場合もあります。

これでは、収益機会を失います。

ですので、キーワード検索をしたい場合は、
「楽天ブックスCD検索API」を使わずに
楽天ブックス総合検索API」を使用します。

しかし、「楽天ブックス総合検索API」だと
CD以外の物も検索結果に出てきてしまい、
ちょっとウザイし、意図しない検索結果になります。

その場合は、
「楽天ブックス総合検索API」で
楽天ブックスジャンルIDを指定します。

CDだと「002」。
リクエストURLを送る際に「booksGenreId=002」と指定します。

これで、CDジャンルだけを検索できます。

検索結果に大きな違いが出る「検索フィールド」設定

そして、もう一つ、必ずチェックするべきなのが、
「検索フィールド」設定です。

デフォルトだと「1」(検索対象範囲が限定される)になっていますので、
これを「0」(検索対象が広い)に変更します。

変更の仕方は、
リクエストURLを送る際に「field=0」にすればオッケーです。

この変更をしないで「1」のままで検索した場合、
アーティスト名で検索しても、
そのアーティスト本人のCDが検索結果に出てこないのです。

例えば、キーワードを「いきものがかり」で検索した場合、

アルバムタイトルにアーティスト名が入ってるCD
(例:「オルゴール いきものがかり作品集」みないなもの)は出てきますが、
「いきものがかり」本人達のCDは出てきません。

ですので、必ず「0」にしてリクエストURLを送りましょう。
「0」にすると、キーワードに入れたアーティスト本人のCDが
検索結果に出てきます。

おそらく、検索範囲が広がって、タイトル以外のデータも
検索してくれるのではないかと思われます。

すべてのアーティストでチェックしたわけではありませんので、
違う場合もあるかもしれませんが、
番台さんが作業していた中では、そういう傾向がありました。

参考まで。

【参考サイト】
【楽天ウェブサービス】RAKUTEN WEBSERVICE
公式サイト

スポンサー リンク

このページの先頭へ