【レビュー】映画「プロデューサーズ」は最高!面白いおバカ映画(ネタバレ)

ブロードウェイミュージカルを題材にした映画、
「プロデューサーズ」2005年版を見ました。

これが面白かった!

もともとは、メル・ブルックス監督・脚本による、
1968年の映画だそうです。

舞台的な演出が冴える、笑えるミュージカル映画

プロデューサーズ画像

いらっしゃいませ、ミュージカルがちょっと苦手な、番台さんです。

でもね、ミュージカルが苦手な人でも
この作品は面白かった!

ミュージカル苦手の人には、是非見てもらいたい映画です。

もともとは、メル・ブルックス監督・脚本による、
1968年の映画です。

その後、2001年にミュージカル舞台となり
トニー賞の12部門を受賞するほどの大ヒット。

2005年版の映画は、この舞台版を元にしているそうです。

評価(★5つで満点)
★★★★(4.5に近い)

ストーリー概要

ネイサン・レイン演じる「マックス・ビアリストック」は
ブロードウェイミュージカルの大物プロデューサー。
しかし、最近は駄作を連発して落ちぶれていた。

彼の事務所に、
マシュー・ブロデリック演じる会計士の「レオ・ブルーム」が訪れる。

レオは帳簿を調べるうちに、
ミュージカルは、作品がヒットしない方が儲かることを発見。

それに興味を抱いた、マックスが、
ヒットしない作品を作って儲けようとレオを誘う。

最初は断っていたレオだが、
彼はブロードウェイプロデューサーになることが夢だったため、
その企画にのり、マックスと組むことに。

そして、ヒットしないための最悪のミュージカルを作り始める。

といったストーリーです。

舞台的な演技が気になるが、面白いおバカ映画!

実は、まじめな映画なのかなと思っていたのですが、
これが、おバカミュージカルでした(笑)。面白い!

笑いどころも多く、内容に関しても、

「こんなの上映して大丈夫なのか」

と、見てる方が心配になるようなキワドイ差別ネタもあり、
アメリカの懐の深さを感じました。

とても楽しめる映画です。

しかし、見ていて気になるのは、舞台的な演技です。
冒頭のマックス事務所でのシーンは、それを強く感じました。。

マシュー・ブロデリックの大げさな演技がとても気になります。
しかし、見ていくうちに、
この世界観に慣れていき、演技の大げさ感も気にならなくなります。

見始めは「普通の映画」のような感覚で見ていたので
その演技になじめませんでしたが、
舞台のミュージカルを見る感じで見れば、違和感はないでしょう。

ミュージカルなので、所々歌が入りますが、この音楽も素晴らしい。
とある曲では、別のシーンの音楽を上手く混ぜるなど、
凝った作りになっており、
作曲的にもクオリティが高く、アレンジも美しかったです。

主演の二人は、
元になった舞台版のミュージカルでも主演を務めていたそうで、
おそらく、歌もご本人達が歌っているのでしょう。

演出的にも、いきなりダンシングガールが出てきたり、
カメラ側(つまり見てる人)に向かって歌い踊るシーンがあったりと、
舞台演出を元にした映画という感じが色濃く残っています。

大勢のおばあちゃん役のダンサー達が
歩行器を使って、タップ(?)を踏むシーンなど、
歌のシーンも充分楽しめるものがあります。

ゲイのシーンは爆笑必死

主演二人が、
ゲイの演出家へ仕事の依頼をしに行くシーンがあります。

ここが最高です。一番笑いました。
演じてる俳優さんも見事にゲイを演じていますし、
ギャグも笑えます。
このゲイコンビ、いいよなあ。

日本ではなかなか出来ないシーンだなと思いました。
内容的にも、演技的にも。

それにしても、どうして、ゲイって笑われるネタにされることが多いんでしょうね?
これについて、ゲイの方々はどう思っているんだろう??

とにかく、この場面は必見です。

注目ポイントはここ

アブナイ奴がいっぱい出てきます(笑)。

会計士のレオは、小さい頃から大事にしてる毛布の切れ端を常に持っており、
その切れ端がないと、動揺や緊張に耐えられません。
すぐにヒステリーやひきつけを起こしてしまいます。

ユマ・サーマン演じる「ウーラ」は
肉欲大好きで、体だけで生きてきたような女。

「春の日のヒットラー」という脚本を書いたフランツは
ヒットラー万歳のナチどっぷりな男。

そして、前述した、ゲイの演出家とその助手。
この家は、演出家のお抱えスタッフが沢山済んでおり、
全員がゲイで次々と出てきます(笑)
そして最後の一人が女性のゲイ(男性的)というオチも。

というように、
日本だったら、事なかれ主義のプロデューサーがNGにしそうな人間ばかりが出てきます。
しかも、どのキャラも愛すべきキャラばかり。

こういったアブナイキャラを許容できる文化が
アメリカにはあるんですね。すごいなあ。

結論

大笑いできるし、音楽も良く、お薦め映画です。
番台さんは、ミュージカルが苦手ですが、
そういう人間でも、充分楽しむことが出来ました。

ゲイのシーンは必見ですので、是非ともご覧あれ。

評価(★5つで満点)
★★★★(4.5に近い)

スポンサー リンク

このページの先頭へ