[レビュー]ヒットガールに萌え萌え!男ならキックアスを見ろ(ネタバレ)!

まもなく映画「キック・アス2」が公開されるので、
前作「キック・アス」を見ました。
映画自体は、ちょっとスプラッターな感じですが、
いい意味でおバカ映画!

そして、ヒットガール役の
クロエ・グレース・モレッツがカワユスぎる!
萌え萌えになりたい男は見ろ!

自主制作のお馬鹿映画だけど大ヒット作

キックアス
(C)2013 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.

いらっしゃいませ、番台さんです。
映画「キック・アス」を見ました。

ヒーロー映画なのですが、
登場人物はすべて普通の人間です(笑)。

ヒーローに憧れる人間、
ヒーローのコスチュームで悪を退治する元警官、
そしてマフィアが登場します。

バイオレンスな内容や、過激なセリフのため
映画スタジオが自分のところで制作することに難色を示し、
どこも引き受けてくれなかったため、自主制作の形を取った映画だそうです。

しかし、見事全米ナンバー1の大ヒットになったユニークな映画です。

プロデューサーは、あのイケメン俳優
ブラッド・ピット!

とにかく、ヒット・ガール役の
クロエ・グレース・モレッツが最高です。
この少女を見るためだけでもいいから、見ろ(笑)!

評価(★5つで満点)
★★★(3.5くらい)

ストーリー概要

さえない高校男子の「デイヴ・リゼウスキ(アーロン・ジョンソン)」は
ヒーローに憧れるオタク男子。

ネットでコスチュームを購入し、ヒーローとして活動を始めますが、
あっさりボコボコにされ、刺されてしまい、入院。
治療の際、負傷した骨を鉄骨補強したため、打たれ強い体になります。

その後もヒーロー活動を継続。
不良と戦っている姿を見物人に撮影され、その動画がネットにアップされます。
そして、「キック・アス」として一躍、話題のヒーローに。

デイブは、
思いを寄せる美人クラスメート「ケイティ(リンゼイ・フォンセカ)」が
悪い男に悩まされていることを聞き、「キック・アス」に扮して
その男を退治しに出かけますが、これが本物のマフィアの手先。

その戦いの中で、ピンチに追い込まれたとき、現れたのが、
ヒット・ガール(クロエ・グレース・モレッツ)とビッグ・ダディ(ニコラス・ケイジ)。

彼らは、完璧な格闘術と武器で、
マフィアを殺して、去っていきます。

彼らは何者?

そして、この件をきっかけに、
「キック・アス」はマフィアから復習相手として狙われることに。

そんなストーリーです。

タランティーノ映画的な、バイオレンスおバカ映画

この映画は、コメディ映画でありつつも、
描写はかなりバイオレンス。

この映画をみながら
タランティーノ映画を連想してしまいました。

コメディですが、
バイオレンス映画が苦手な人は、みない方がいいと思います。

いっぱい撃たれますし、殴ったり血が出たりと
バイオレンスな描写が多いです。

その点はお気を付けください。

とにかく、ヒットガール!ヒットガール!ヒットガール!

キックアス ヒットガール
(C)2013 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.

もう、とにかく、クロエ・グレース・モレッツ演じる
ヒット・ガールが最高!超カワユス!

クロエ・グレース・モレッツは
この映画でブレイクして、いまや大人気女優ですね。

とにかく小さい、とにかくカワイイ。
そして、最強に強い!完璧じゃないか。

綾波さんにつぐ、頼りになる萌え萌えヒロイン。

しかもちょっと口が悪い(笑)。

キックアス ヒットガール2
(C)2013 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.

しかもツインテール!

キックアス ヒットガール素顔
(C)2013 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.

彼女が、悪者を一網打尽にする様は、
最高ですよ。番台さんのようなダメ男なら絶対萌えるはず!
オススメ!

それにしても、素顔よりも、マスクしていた方が萌えるのはなぜだろう。
ヤッターマンのドロンジョ様といい、
Mr.インクレディブルのイラスティガールといい、
マスクしてる女性に弱いな、俺は(笑)。

注目ポイントは、ニコラス・ケイジ

ヒット・ガールのお父さん「ビッグ・ダディ」を演じるのは
ニコラス・ケイジ。

この映画で唯一、超大物俳優。

「ビッグ・ダディ」なんて名前を聞くと、テレビ番組かと思っちゃいますが、
違います。

元警察官で、マフィア一味に恨みを持っており、
復讐するため、ヒット・ガールを戦闘マシンとして教育しています。

このビッグ・ダディが最高に強い。
けど、コスチュームがバットマン(笑)。イカレたお父さんです。

注目シーンは、
ビッグ・ダディが復讐を決意するまでの過去を
アメコミ調のシーンで回想する部分。

ここは良くできてるなあと思いました。

もともと「キック・アス」はアメコミを原作としているので、
うまい演出です。

しかも立体感のある漫画になっており、
なかなかいいシーンです。

注目。

結論

とにかく、この映画はヒット・ガールを見るための映画。
完全に主人公を喰っています。
ストーリーは普通です。

バイオレンス映画ですが、ヒット・ガールが暴れるシーンは、
明るく楽しい音楽が流れ、ヘビーにならない工夫がされているなど、
細部にも気を遣った映画です。

スプラッターなシーンが平気な人には
楽しめる映画だと思いますよ。

この映画は深いことを考えずに、
おバカ映画として楽しむのが秘訣。

それが出来る方にはオススメの映画です。

評価(★5つで満点)
★★★(3.5くらい)

映画好きの方には以下のサービスがオススメ。

スポンサー リンク

このページの先頭へ