[レビュー]ヱヴァンゲリヲンQを見てきました(ネタバレ)。第一印象の記録!

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を見てきました。

見た第一印象と書いてみたいと思います。
完全にネタバレしますのでご注意を!!

「旧作」「序」「破」についてもネタバレします。

ネタバレしますので、ご注意を!!

ヱヴァンゲリヲンQ
(C) カラー

いらっしゃいませ、番台さんです。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」
を見てきました。

平日の昼だというのに、結構混んでる。
パンフレットも購入したので、
それについても書きます。

大いにネタバレしますので、
まだ見ていない人は読んじゃダメですよ。

ヴィレとかヴンダーとか、冒頭からわけわかんない(笑)

冒頭シーンは、先日の日本テレビ「金曜ロードSHOW!」で放送されたので
心の準備は出来ていました。

全く同じかと思いきや、
ずっと横でマリが歌ってる音声トラックになっていました。
「金曜ロードSHOW!」では歌が入っていなかったような気がします。

相変わらず昭和の歌です。
天地真理「ひとりじゃないの」という歌。

「マリ」繋がりですね(笑)。

アスカと2人の作戦だから「ひとりじゃないの」なのかな。

そして、初号機が第10使徒の戦いでマスターした
目ヂカラビームを使い、丸い使徒らしき物体を蹴散らします。

まあ、ここまではよかったですよ。。。。ここまでは。

この後、シンジ君目覚めます。

その後は、わけわからない(笑)。
ポカ〜んと見てましたよ。

もう、今までの謎とかどうでもよくなる展開に唖然。

いきなり、14年後ですよ、あなた、14年後!
「綾波を返せー」から14年も経っちゃってるの!

しかも、誰もちゃんと説明しないから、シンジ困惑。
見てる方も困惑。

この先は、シンジ目線は観客目線とシンクロ率400%。
何が起こってるのか説明してよ!

ミサトさん達は、ヴィレとかいう組織を作ってネルフと戦ってるし、
ヴンダーとかいう戦艦に乗ってるし、知らん新キャラばかり乗ってるし。
日向くんと青葉くんがオッサン化してるし、
リツコさんは、ユーリズミックスみたいだし(笑)。わけわからん。

そして、なんだか、みんなシンジ君を悪者扱い。
どうやら、サードインパクト(劇中ではニアサードインパクトと呼称)が起こりかけたのは
「全部シンジのせいだ!」という認識があるそうで、生き残った人々から疎まれています。

ミサトさんは酷いよね

「行きなさい!シンジ君!」とか言っておきながら、
14年経ったらあの冷たい態度。なんだよもう。

伊吹マヤの性格にショック、加持さん出てこずショック

マヤの性格、あれ、どうしちゃったの? 「チッ」って顔するなんて。。。
ニアサードインパクト以後、相当酷い世の中だったのでしょうか?
可愛かったマヤがこんなに荒んじゃって。。。

おまけに、ワンシーンしか出てこないし。

加持さんに至っては、
ヴィレ乗組員のオッサンのセリフで名前が出てくるだけ。

それにしても、アスカとマリが
年を取ってないのは、都合のいい設定だなと思いました。
「ヱヴァの呪縛」ってなによ(笑)。

アンチエイジングに持ってこいな、汎用人型決戦兵器。
お試しパック、いまなら1980円かいな?

チェックポイントはシンジと冬月先生の将棋

冬月先生とシンジが初カラミ。
将棋をさします。

そこで、母親のユイさんの旧姓が「綾波」だったこと、
レイはユイさんのクローンであること。
ユイさんは起動実験中に消滅したことなどが伝えられます。

起動実験はエントリープラグを使わずに、
人体をそのまま、コアそのものに挿入していました。
怖ええ。

そして、シンジが「破」で助けたレイは
まだ初号機に残されているとのこと。

先生、色々教えてくれてありがとう。

見所は渚カヲルくんが、めっちゃ動揺し言葉を失うこと

よくしゃべる男、カヲルくんが
今回は言葉を失い黙り込んでしまうほど、動揺します。
そして弱気に。

これは新鮮。ゲンドウの策略にはまってしまいます。
このときのセリフで、カヲル君が第1使徒だったとこがわかります。
しかし第13使徒へ落とされる。

2度使いってありなの?

わかったことはヱヴァ7号機、10号機、12号機が謎ってこと

個人的にわかったことは、
シンジママのユイさん、旧姓は「綾波」。

第11使徒がまだ未登場。

ヱヴァ7号機、10号機、12号機も未登場。

ユイの若い頃の写真にマリみたいな人物がいたそうな。
見逃した。
「ゲンドウくん」と君付けで呼ぶのは、そんなわけなのか?

そして、古い歌ばかり歌うのも、実はいい年なのかもしれない。
ヱヴァンの開発段階から関わっていたのだろうか?
だから「コネメガネ」?

推測と妄想

何故、シンジをサルベージしたのか?

冒頭のシーンで、宇宙空間に隔離され漂う初号機を、アスカが確保します。

戦艦ヴンダーは初号機をメイン機関として動いてるようです。
そのため、初号機が必要だったと思われます。

しかし、フォースインパクトを起こす危険があるなら
どうして、シンジをわざわざサルベージしたんだろう?
しなきゃいいのに。

シンジを初号機に残したままにすると、
また再び初号機が覚醒してしまう恐れがあったのかもしれませんね。
戦艦のメイン機関として利用するには、リスクを取り去る必要があるので
サルベージしたのでしょう。

「破」の最後で流れた予告編は14年間の記録か?

「破」の最後、「Q」の予告が流れますが、
そこで出てきたシーンは何一つ本編には出てきませんでした。

あの予告編は、「破」から「Q」までの14年間を
ギュッと凝縮したものなのかもしれません。

予告には「ドグマに投稿されるMark.06」というセリフがあるけど、
「Q」では、すでにドグマの中でリリスと何かした後の光景でした。

「破」のニアサードインパクト後、
加持さんやミサトが「人類補完計画」を突き止め、
それに反旗を翻し、戦うことになったのでしょう。

銃を向ける加持さんとか、そんな気がしてきた。
あの数十秒には14年間が詰まってるんだと勝手に解釈。

「ネブカドネザルの鍵」らしきアタッシュケース

「破」で加持さんが持ち帰った、「ネブカドネザルの鍵」。
そのアタッシュケースらしきものが、何度か映ります。

過去に書いた「破」のレビューで
「すでに初号機に組み込んだんじゃ?」と書いたけど、
まだ手元にあるのかな。

肝腎の中身は映らなかったので「別の何か」という可能性もあります。

トウジの学生シャツの意味は?

ネルフから支給されるシンジ君の学生服(なんで私服じゃないんだろう?)に
トウジの名札がついていて、シンジ君はハッとします。

しかしさ、サクラが自己紹介した時点で、
「トウジ達はどうしてるの?」ってすぐ聞けよ!
バカシンジだな!

トウジの名前が付いていたのは、
学校の制服をリサイクルしているようなので、単なる偶然なのでしょうかね?

なにか意味があるようには思えなかった。
妹がヴィレにいるなら、兄がいてもおかしくない。
ただし、生きていればの話ですが。。。

ヱヴァ「Q」登場キャラの変遷まとめ

シンジ 初号機の中に14年間とりこまれてた。もしくはサルベージ後に14年間眠らされていた。
アスカ 片目に眼帯をしてる。体は14才。しかし実際は28才。
マリ 体はそのまま。しかし年齢は28〜32才くらい。(あるいはもっと年寄り)
ミサト ヴィレ所属 戦艦ヴンダーの艦長 
リツコ ヴィレ所属 戦艦ヴンダー副艦長
青葉シゲル ヴィレ所属 戦艦ヴンダーのオペレーター
日向マコト ヴィレ所属 戦艦ヴンダーのオペレーター
伊吹マヤ ヴィレ所属 戦艦ヴンダー整備長
ゲンドウ ネルフ司令官(メガネがキール議長っぽくなってる)
冬月 ネルフ副司令官(ちょっと痩せた??)

ヱヴァ「Q」登場新キャラまとめ

新キャラが出てきますが、とくに活躍するわけでもなく、
それほど必要ある感じはしませんでした。

ただ、トウジの妹は、今後なにかあるかもね。

鈴原サクラ 鈴原トウジの妹。ヴィレ所属 シンジ管理担当
高雄コウジ ヴィレ所属 戦艦ヴンダーのオペレータ。加持さんと知り合い
長良スミレ ヴィレ所属 戦艦ヴンダーのオペレータ。肌が褐色だけど名前は日本っぽい
多摩ヒデキ ヴィレ所属 戦艦ヴンダーのオペレータ。ユトリ世代的キャラ
北上ミドリ ヴィレ所属 戦艦ヴンダーのオペレータ。ユトリ世代的キャラ。たらこ唇。

鈴原サクラは、旧作のマヤのようなほんわかタイプ

北上ミドリは、予告で垣間見た顔からは勇ましい感じに思えましたが、
そうではなく「超かったるいんですけど〜」みたいな性格。

Q記録集パンフレットは買う意味なし

ヱヴァンゲリヲン Q パンフレット

1500円の方の高いパンフレットを買いました。
謎の解明に一役買ってくれるかと思ったけど、意味なかった。

パンフの前半は、
映画のシーンの抜粋画像。全記録全集みたいな感じです。
それと、キャラクターやメカの設定画像。

後半は、主要キャラの声優インタビュー。

のみ。。。。

設定資料を文字でくれよ!買って損した。

インタビューを読んで驚いたのは、
声優さんはストーリーの説明をほとんど受けずにアフレコしてるんですね。
だから、どうしてこうなってるのか分からない人も多いみたいです。

よくできるなあ、それで。

ヱヴァンゲリヲンQを見ての感想

全く知らない話が進んでいく展開についていくだけで大変だった。
シンジは、トラウマになりそうなことばかりが次々と起こります。

・自分が引き起こしたニアサードインパクトで崩壊しかけた景色、
・綾波が母親のクローン、
・カヲルくんが目の前で崩壊、
・さらにフォースインパクトを引き起こしかける。

もう、ズンドコですよ、シンジさん。

せめてもの救いは、
最後のシーンです。

アスカがシンジを見捨てず、引っ張って歩いていく、
そこにあたらしい綾波もついてあるいていく。

ちょっと希望が持てるシーンですね。

それにしても、庵野監督はファンを裏切り続けますね。
僕らは「破」で夢を見てしまったんでしょうね。
たのしかったなあの頃は。。。遠い目。

「Q」は正直いって、面白くなかったというのが感想です。
良い意味でも、悪い意味でもヱヴァンゲリヲンらしい映画でした。

庵野監督の所信表明では、
「誰もが楽しめるエンターテイメント映像」を作るって
言っていたような気がするんだけどなあ??
やめたのかな、それ。

絵の作画も、引きの絵になると酷い絵がまじってるよ。
突貫工事だったのかな。
ストーリーを急に変えたのかもしれない。

参考:2回見た後の感想です
[レビュー]ヱヴァンゲリヲンQを2回見た!マリに関する考察(ネタバレ)

評価(★5つで満点)
★★★

ヱヴァンゲリヲンの全てが揃う公式ストア★


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q@ぴあ映画生活

この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

スポンサー リンク

このページの先頭へ