ブロガーは目が命!受けておきたい眼底検査のススメ

みなさん、目の健康に気をつけていますか?
ブロガーは目が大事。

というわけで、眼科に行って
眼底検査を受けてみました。
価格も初診料込みで2500円程とお手軽ですよ。

眼底検査 視力検査

いらっしゃいませ、近視も乱視も人並み以下の番台さんです。
先日はヱヴァンゲリヲンの目薬を買った記事をエントリーするなど、
マジ視力が悪いので、目には気を使っています。

皆さんは、眼科、行ったことありますか?

視力が落ちてきたと感じたので眼底検査を受けた

先日、近所の眼科へ行って、
眼底検査を受けてきました。

眼底検査とは、眼球の中を見てもらい、
網膜や血管に異常がないかをチェックして貰う検査です。
目の病気だけではなく、高血圧症、糖尿病などの検査にも使われます。

検査結果は、特に問題がなく、
視力が落ちたのは、おそらくパソコンの使いすぎということでした。

他の病気による視力低下だったら怖いなと思い、
その可能性を調べるために、今回、検査を受けた次第であります。

網膜剥離になったことがあります

番台さんは20歳の時に網膜剥離になりました。
近視が強い人は特になりやすいと、当時のドクターから聞きました。

視力の悪さは中学生の頃からでしたが、
まさかそんな病気になるとは思っていませんでした。

番台さんの場合、
網膜剥離の症状が以下のように進んでいきました。

1.右目の端に、太陽を見た後のような光が常に現れ始めた。
2.それが1〜2週間続いた後、物が歪んで見えるようになった。

「1」の頃は、すぐに治るだろうと思って放置していたのですが、
「2」になって、こりゃヤバイ!と思い、眼科に駆け込みました。

この状態では、すでにかなり進んでる状態でしたので、
入院して手術を受けました。
今でも、右目はほんのすこしだけ物が歪んで見えてしまいます。

もし「1」の状態ですぐに医者に行って眼底検査を受けていればと
かなり後悔した次第です。

「1」の状態であれば、本格的な手術ではなく、
目の網膜にレーザー光線をあてて、網膜に開いた穴をふさぐ、
という処置ですんだかもしれません。

それなら、入院の必要が無く、日帰りで可能です。
実は、後日、左目も網膜剥離になりかけて、
レーザー光線で事なきを得ました。

目が悪いと、何も出来なくなるんですよね。
音楽を聴くくらいしかできなくて、入院中は苦労しました。

番台さんの場合は、手術することで治ったので問題ありませんが、
目の不自由な方は本当に大変なんだなと思いました。

ブロガーの皆さん、目は大事にしましょうね。

というわけで、眼底検査のススメ

番台さんのように近視が強い人は、網膜剥離になりやすいようです。
日常的にパソコンを使う人は、視力がドンドン落ちていきます。

番台さんのように、症状が進んでからでは遅いので、
少しでも何か異変が起きたら、眼科へ行きましょう。
異変が無くても、最低でも年に1回は受けておきましょう。

プログラマーさんやウェブ製作のお仕事をしてる人は
目を酷使するだけではなく、運度不足やジャンクフードによる
糖尿病という恐ろしい病気の危険性もあります。

糖尿病による合併症で失明する人も多いようなので、
眼底検査を受けておくことを強くお薦めします。
(もちろん、人間ドックや健康診断も)

厚生労働省
糖尿病を放っておくとどうなるんだ?

眼底検査を受けるには?

眼底検査を受けるには、以下の手順で大丈夫です。

1.眼科へ行く
2.窓口で「眼底検査を受けたいです」と言う。

これだけです。向こうはそれだけで分かってくれます。
ひょっとしたら、
検査を受けるに至った動機や症状を訊かれるかもしれません。

料金は初診料込みで2500円前後です。
医療機関によって違うかもしれませんが、大体これくらいです。

今回、番台さんが検査を受けた
近所の小さなクリニックではそれくらいの金額でした。

眼底検査の内容は?

眼底検査はとても簡単です。

まず、目薬を使い、瞳孔を大きく開きます。
そして、光を当てて眼球の中を覗くだけです。

その前に、視力を調べたり、眼圧を調べたりしますが
どれも苦になる検査ではありません。

時間も、全部で20分〜30分ほどで済むでしょう。

目に光を当てられるので、
まぶしさに耐える必要はありますが、痛みは全くありません。
ご安心を。

眼底検査を受ける際に気をつけること

検査を受ける際に気をつけることがあります。
以下の2点です。

1.コンタクトレンズをしている人は、外してメガネで行こう。

コンタクトレンズを付けたまま検査は出来ませんので、
メガネで行ってください。

コンタクトレンズを現地で外すことも出来ますが、
現地で外したレンズを紛失する恐れがありますので、
予め外していった方が良いと思います。

2.車やバイクで行くのはNG。歩いていこう。自転車も危険。

検査では、瞳孔を開く目薬を打たれてしまうので、
数時間は視力がかなりぼやけてしまいます。

ですので、車の運転ができなくなります。
車で来院するのはNGです。電車か歩いていきましょう。
自転車もやめておいた方が良いと思います。

なるべく家から近い眼科へ行くのがよいでしょう。

IT時代は視力が落ちるのがあたりまえと考える

常に光ってる液晶画面を見続ける、こんなことは過去の人類の歴史でもなかったこと。
これは目が悪くなるのは当たり前です。

今の時代は、「自分は必ず目が悪くなる」と
心の準備を持っていた方が良いでしょう。

PC作業を連続して行う場合は、
必ず、時々は目を休めましょう。
暖める、もしくは状態によっては冷やすなど処置をしましょう。

目の疲れと休養 | 目についての健康情報 | 公益社団法人日本眼科医会
眼精疲労治療外来(がんせいひろうの話)~吉野眼科クリニック

JINSで話題のPCメガネを作ってみた

視力が落ちたので、今話題のJINSでPCメガネを作ってみました。
その顛末は、別記事でアップします。

参考リンク:
日本眼科学会
目の病気

スポンサー リンク

このページの先頭へ