【WordPress】素人でも出来た!AWS EC2へのサーバー移行方法1 移行手順を確認

ブログのサーバーを
アマゾンウェブサービス(AWS)のEC2へ移転しました。

今回から、その移行手順を解説します。

素人にも出来る方法ですので、
移行を考えてる方の参考になれば幸いです。

アマゾンEC2

素人にも出来るEC2へのサーバー移転方法

いらっしゃいませ、番台さんです。
先日ご報告したとおり、
「男子風呂(ぐ)」のサーバーを移転しました。

さくらインターネットから、
アマゾンウェブサービス(AWS)の
「Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)」
への移転です。

最初はおっかなびっくりでしたが、
素人の番台さんでも余裕で移行できましたので、
その手順や気をつける点などをアップしていきます。

黒い画面や謎のコマンドを使わなくても
移行できますので、
EC2への移行を考えてる方の参考になればと思います。

「Amazon EC2へのサーバー移行方法」シリーズ 記事一覧

  1. 素人でも出来た!AWS EC2へのサーバー移行方法1 移行手順を確認(今ここ)
  2. 素人でも出来た!AWS EC2へのサーバー移行方法2 バックアップ作成
  3. 素人でも出来た!AWS EC2へのサーバー移行方法3 Key Pairの作成
  4. 素人でも出来た!AWS EC2へのサーバー移行方法4 Security Groupの作成
  5. 素人でも出来た!AWS EC2へのサーバー移行方法5 網元でインスタンス起動
  6. 素人でも出来た!AWS EC2へのサーバー移行方法6 Elastic IPの取得と紐付け
  7. 素人でも出来た!AWS EC2へのサーバー移行方法7 旧データをアップロード
  8. 素人でも出来た!AWS EC2へのサーバー移行方法8 旧MySQLアップロード
  9. 素人でも出来た!AWS EC2へのサーバー移行方法9 独自ドメインDNS設定
  10. 素人でも出来た!AWS EC2へのサーバー移行方法10 内部リンクのURL一括変更
  11. 番外編:ブログ移転後、旧サーバーにログインできなくなった場合の対処方法

この解説を理解するために必要なスキルレベル

今回の解説は、
以下のスキル程度の素人を想定しています。

  • WordPressの管理画面はちゃんと使える
  • レンタルサーバーのFTPは出来る
  • FilezillaやCyberduckなどのFTPソフトが使える
  • 独自ドメインを取得して自分で設定してる
  • 「IPアドレス」が何なんのか何となく知ってる
  • でも、UNIXやコマンドなどはチンプンカンプン

これよりもスキルがない場合は、
ちょっと厳しいかもしれません。

WordPressを運営している方なら、
ほとんどが上記スキルをクリアしていると思いますので、
大丈夫かと思われます。

番台さんはMacユーザーですので、
Macintoshでの作業で進めていきますが
Windowsでもそれほど違いはないと思います。

なお、
すでにアマゾンウェブサービス(AWS)の
アカウントを取得している前提ですすめます。

アカウント取得の方法は、
以下のスライドを参考にしてください。
アカウント取得には電話が必要です。

SlideShare
はじめてのアマゾンクラウド①[Amazon Web Services(AWS)のアカウントを開設する]

1年間無料の「マイクロインスタンス」を使用

現在、アマゾンウェブサービス(AWS) では
1年間無料枠が用意されています。

無料なのは「マイクロインスタンス」という「インスタンス」です。
「インスタンス」は「サーバー」と思っていればいいでしょう。

つまり、マイクロサイズのサーバーを
1年間無料で利用できるサービスを実施中と言うことです。

今回はその「マイクロインスタンス」を利用します。

そして、「マイクロインスタンス」の設定をするために
「網元」というサービスを利用します。

「網元」は
AMI(Amazon Machine Image)と言って、
あらかじめ「マイクロインスタンス」の設定がセッティングされたサービスです。

これを使えば、難しいことを考えずにインスタンスの設定が出来、
おまけに、WordPressを新規でインストールしてくれる便利なサービスです。

「網元」は
株式会社デジタルキューブが提供しているサービスです。

まずは移行手順の確認

では、作業を始める前に、
移行手順を確認します

WordPressをEC2へ移行する手順

  1. 旧サーバーのデータをMacへバックアップ保存する
  2. EC2で「Key Pair」の作成
  3. EC2で「Security Group」の作成
  4. 網元へアクセスしてEC2のインスタンスを起動する
  5. EC2で「Elastic IP」の作成
  6. 「Elastic IP」を起動したインスタンスに紐付け
  7. 旧サーバーのデータ(WordPressファイル群)をEC2にアップロード
  8. 旧サーバーのデータ(データベース)をEC2にアップロード
  9. 新サーバーでWordPressの各種設定やサイト表示をチェック
  10. 問題なければ新サーバーに独自ドメインを割り当てる
  11. 記事内リンクを一括修正

という流れになります。

コマンドで操作できる人は
Macの「ターミナル」を使って、ササッと作業できるかもしれません。
しかし、素人なので、このようなとても遠回りした作業になります。

「なに周りくどいことしてんの?」
と思われる方もいるかもしれませんが
素人が安心してサーバー移行出来る手順はこういう手順なのです。。。

では、いよいよ、次回より、
各項目ごとに解説をアップしていきます。

超長編スペクタルエントリーとなります(笑)。

まずは、
旧サーバーのバックアップの作成からです。

  1. 素人でも出来た!AWS EC2へのサーバー移行方法1 移行手順を確認(今ここ)
  2. 素人でも出来た!AWS EC2へのサーバー移行方法2 バックアップ作成
  3. 素人でも出来た!AWS EC2へのサーバー移行方法3 Key Pairの作成
  4. 素人でも出来た!AWS EC2へのサーバー移行方法4 Security Groupの作成
  5. 素人でも出来た!AWS EC2へのサーバー移行方法5 網元でインスタンス起動
  6. 素人でも出来た!AWS EC2へのサーバー移行方法6 Elastic IPの取得と紐付け
  7. 素人でも出来た!AWS EC2へのサーバー移行方法7 旧データをアップロード
  8. 素人でも出来た!AWS EC2へのサーバー移行方法8 旧MySQLアップロード
  9. 素人でも出来た!AWS EC2へのサーバー移行方法9 独自ドメインDNS設定
  10. 素人でも出来た!AWS EC2へのサーバー移行方法10 内部リンクのURL一括変更
  11. 番外編:ブログ移転後、旧サーバーにログインできなくなった場合の対処方法

参考リンク:
アマゾン ウェブ サービス(AWS)
もう困らない!WordPress快適運用術 1年間無料!

このページの先頭へ