銀座のジョエルデュランでパフェ「リエジョア」のスミレ味を食べた!

チョコレートショップが軒を連ねる、
銀座ショコラストリート。

そこにあるジョエルデュランへ行って
人気のパフェ「リエジョア」を食べました。

スミレ味のリエジョアです。

銀座ショコラストリートの有名店

いらっしゃいませ、番台さんです。
以前、銀座のショコラストリートにある
ジョエルデュラン」に行ってきました。

アップするのを忘れていましたのでアップします。

人気のパフェ「リエジョア」を頂きました。
オープン当初にも行きましたが、今回は2回目の訪問です。

オシャレな店内

ジョエルデュランの店舗は
1Fがテイクアウトの販売、2Fがカフェになっています。

オシャレな店内です。

ジョエルデュラン カフェ店内

ジョエルデュラン カフェ店内2

大きなボンボンショコラの飾りもあります。
これ欲しいぞ。

ジョエルデュラン カフェ 大きなチョコのインテリア

リエジョアには、ミニサイズもあるよ

リエジョアには沢山のメニューがあり、
季節によって新しいフレイバーがでるようです。

ジョエルデュラン リエジョア メニュー

リエジョアは通常サイズですと1680円で
ちょっと高いです。

そんな番台さんの気持ちを察してか、
ミニサイズも用意されています。
単品で頼めば1100円です。

リエジョアミニサイズ

今回は、ミニサイズにしてみました。
通常サイズの2/3くらいの大きさです。

通常サイズが大きすぎる人はこちらのミニサイズが良いと思います。
量が違うだけで、中の内容は同じです。

スミレ味のリエジョアを注文してみた

注文したのはこちら、スミレ味。

リエジョア スミレ

ジョエルデュラン スミレリエジョア解説

一番上にはスミレのショコラが載っています。
ヴァイオレットの「V」ですかね。

リエジョア スミレ味 トップ

このショコラは、
スミレの香りがするので、花や香水っぽい香りが苦手な人にはNG。
フレーバー系が好きな人にはヒットするでしょう。

番台さんはどちらかというとフレーバー系は苦手なのですが、
このショコラはそれほど香りがきつくなく、
普通のショコラとして食べることが出来るので、大丈夫でした。

以前食べた
ボワシエ」のローズは香りがきつく、苦手でした。
このチョコラはあそこまで香りが強くないので、大丈夫。
カカオの香りの方が強く作られています。

甘さはやや強めです。

横から見ると綺麗な層をなしています。
生クリームやチョコレートアイスが重なっています。

リエジョアの綺麗な層

一番下には、スミレの砂糖漬けが入っています。
その上には、ジュレ。涼しげで綺麗。

リエジョア スミレ砂糖漬け

グラスの上まで並々と入っていますので、
溶け始めると、周りからこぼれてしまいます。
すぐに食べ始めましょう。

生クリームは無糖で甘さ無しが嬉しい!

チョコの下にある、白い生クリームは無糖で作られています。
なるほど、まったく味がしないと言っても良いくらい。
しかしミルクの香りは抜群。すごく香る。

リエジョア スミレ味 トップ

何故、無糖で作ってるのか訊いてみたら
チョコレートアイスの味をしっかり感じて欲しいからだそうです。
チョコレートアイスの味を邪魔しないように計算されているのですね。

無糖のおかげで、
甘さに飽きずに食べ続けることが出来ます。

生クリームを食べ終わると、
チョコレートアイスが顔を出します。

これが濃厚でしっかりとした甘さ。
先ほどの無糖生クリームは正解だと思います。
生クリームまで甘いと、クドくなってしまうでしょう。

リエジョア チョコレートアイス

チョコレートアイスの周りに見える透明な物は、
氷かと思いましたが、ジュレですね。
寒天のような食感ですが、寒天ほどの弾力はありません。

リエジョア ジュレ

氷かと思って食べたら、ぬるくて柔らかいのでちょっとビックリした(笑)。

しばらく食べ進むと、また生クリームが出てきます。
チョコレートアイスも結構深いところまで入っているので、食べ応えある。

リエジョア チョコレートアイスと生クリーム

一番下までたどり着くと、スミレの砂糖漬けがでてきます。
これが意外なことに、堅いんですね。
ガリガリした歯ごたえ!

リエジョア スミレ砂糖漬け

当初は「ドライフルーツくらいの柔らかさがあるのかな?」
と思っていましたが、
キャラメルコーティングしたアーモンドのような歯ごたえです。
意表を突かれて驚いた!

スミレの砂糖漬けは、
甘さが強く、もうちょっと甘さ控えめの方が良いかなと思いました。

下の方はすくえないぞ

パフェの最後の方になると器が細くなってきます。

これが困ったことに、
スプーンよりも細くて、下までしっかり届かない。。。

スプーンが途中でぶつかってしまうのです。。。
なので、最後はちょっと残ってしまいます。
残念。

こだわりのスミレを使用

ジョエルデュランさんは、
当初、スミレ味のリエジョアを作る際、
「スミレの砂糖漬けは美味しくないから使いたくない」と言ったそうです。

しかし、
「このスミレの砂糖漬けならいいな」と言って使ったのが、
彼の知り合いが作ってるスミレの砂糖漬けだそうです。

ジョエルデュランさんは、使用する素材に相当なこだわりがあるそうで、
自分でハーブを摘みにいったりして、すべてチェックしてるようですよ。

そんな、こだわりのある彼が選んだスミレ。
是非、食べてみては如何でしょうか?

感想

以前、コーヒー味のリエジョアを食べたのですが、
そちらの方が、甘さは控えめで美味しかったと感じました。

スミレのリエジョアは、それに比べると甘さは強いですね。

スミレの香りはそれほど強くないので、
花のフレーバーが苦手な番台さんでも大丈夫でした。

サイズはミニサイズで充分満足感があります。
通常サイズと比べて、500円ほどの価格差がありますので、
お得なミニサイズを選ぶことをオススメします。

カロリーを気にする方にもミニサイズがオススメです。

評価(★5つで満点)
★★★★

参考リンク:
公式サイト
ジョエルデュラン

この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています

このページの先頭へ