【更新】行ったから分かる!お台場レゴランド8つの攻略ポイント!

お台場「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」に行ってきました。レゴランドを攻略するためのポイントや見るべき所、混雑具合など、知っておくと便利な情報を8つまとめておきます。

お得な前売りチケット情報もご紹介。!

レゴディスカバリーセンター東京 チケット画像

いらっしゃいませ、番台さんです。

「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」はレゴ好きならたまりません。
本格的なレゴランドのような広さはありませんが、
充分楽しめる施設ですよ!

行く前にチェックしておくべきポイントを8つまとめてみました。

レゴランド・ディスカバリー・センター東京の詳細は、公式サイトをチェックしてみてください。
↓↓
レゴランド・ディスカバリー・センター東京
公式サイト

お台場レゴランド8つの攻略ポイント 目次

  1. 行くなら午前中に行くべし!午後は混雑する!
  2. 前売り券ならかなり安い上、優先的に入場出来る! 2016.9/28更新
  3. メガネNG施設もある(子供のみ)!
  4. 4Dシネマは水で濡れる!
  5. ベビーカーは持ち込み可能
  6. 小学生以下の子供には保護者が必要
  7. マジで?大人だけでは入れないよ!
  8. 絶対見ておくアトラクションはベスト3!

1.行くなら午前中に行くべし!午後は混雑する!

レゴディスカバリーセンター東京 チケット

行くのであれば午前中をオススメします。

理由は以下の4つです。

1.退場時間は自由

公式サイトで購入できる入場予約券は、30分ごとに入場時間が分かれていますが、退場時間に限っては自由です。

つまり、早い時間に入場した人達が、
残っていればいるほど混雑してきます。
入場する時間が早ければ早いほど人数は少ないとも言えます。

勿論、当日券もあるので、時間予約をしていない人が
早い時間に殺到する可能性もありますが、
混雑していれば、時間指定の入場券を持っている人は優先されると思います。

2.施設内はそれほど広くない

中はそれほど広くありません。
特にレゴで作られた東京の街並みが展示されている「ミニランド」は
かなり狭いスペースです。

しかも、「ミニランド」はずっと見ていたいコーナー。
入場者も長く居座ります。

ゆっくり見て、展示を撮影したいのであれば、
人の少ない午前中に行くことをオススメします。

番台さんは、初日の午前中に行きましたが、ゆっくり撮影できました。
(テレビクルーがいなければもっと快適に撮影できたのに!じゃま!)
午後になると、さすがに人も増えてきて、ベストな撮影には向きません。

3.カフェも席がすぐに埋まってしまう

レゴディスカバリーセンターカフェ

施設内にはカフェが1軒あります。
席も用意されていますが、番台さんが帰る13時〜14時頃は、
空いてる席がないほど混んでいました。

午前中はまだ空いていたのですが、午後になれば人も増えるので、
食事をしたり飲み物を飲みたい人は、立って食べることになるかもしれません。

カフェの飲み物が高いと感じた人は、自動販売機の飲み物を買うことが可能です。
カフェ横の出口、「EXIT」の門をくぐり抜け、
階段を下りると自動販売機がありますので、そこで購入できます。

自動販売機の場所からは、施設内に戻ることが可能なので、
ここで買うのが良いでしょう。

ちなみに、食べ物や飲み物の持ち込みは出来ません!!
タバコも吸えません!施設内は禁煙です。

4.トイレも数が少ない

番台さんが気がつかなかっただけかもしれませんが、トイレが少ない。
カフェ奥の出口にあるトイレ1つだけしか気がつきませんでした。

カフェスペースは、全ての展示を見て最後に行き着くところなので、
おそらくこのトイレはとても混雑するでしょう。
女性の皆さんはお気を付けください

↑上に戻る

2.前売り券ならかなり安い上、優先的に入場出来る!

レゴディスカバリーセンター東京 チケット画像

前売り券は窓口での当日チケットに比べかなりお得です。前売りを購入して行かれる事をお勧めします。

しかも、前売り券を持っている人は優先的に入場出来るので、混雑していても安心です。

当日券の場合は、混雑状況によって入場を制限された場合に入場出来ませんが、事前に公式サイトで入場チケットを購入していけば、入場制限があっても確実に入場できます。

チケットの価格は以下の通りです。
加筆修正(2016.9.28)。

前売りチケットは、公式サイトで販売中です。
↓↓
レゴランド・ディスカバリー・センター東京
公式サイト

入場に関する注意事項

・小学生以下の子供は大人同伴が必須
大人のみの入場は不可(ただし「大人のLEGOナイト」や「大人のレゴ教室」の日は可能)

当日券

1人:2,400円

3歳未満(2歳以下)

入場無料
3歳以上は大人と同じ料金。

前売り券

午前10時~16時に入場の前売りチケット
平日:1,850円
土日祝:2,000円/人

16時以降に入場の前売りチケット
1,600円/人

どちらも行く日程を指定する必要があります。

親子チケット(平日限定)

親子チケットの販売が復活しました(2016.5.1追記)
春休み、夏休み、冬休みなどの長期休暇のシーズンは販売されませんのでご注意を。

平日限定の「親子チケット」が発売されています。

大人1名と子供(小学生以下)1名の入場券がセットになっています。

大人1名+子ども1名(小学生以下)3,200円。
追加メンバー 1,850円/人

通常の前売り券は大人も子供も料金は同じですので、
親子で行くなら、こちらのチケットが断然お得。

コンボチケット

大人(中学生以上) 3,000円/人
子ども(3歳~小学生以下)2,300/人

レゴランド・ディスカバリー・センターとマダム・タッソーの2つのアトラクションに入場できるチケットです。

レゴランド・ディスカバリー・センター東京へ来館した際にマダム・タッソーの期間指定チケット(有効期限は30日間)が渡されます。

年間パスポート

レゴマニアの方向けには年間パスポートもあります。
頻繁に通いたい方は是非どうぞ。

個人(1名):6,000円
ファミリー(4名):22,000円
追加メンバー:1,850円

年間パスポートは、公式サイトで販売中です。

大人のLEGOナイト

毎月5日のレゴの日、および第3土曜日の夕方は、大人だけでも入場が可能です。

大人1人 1,800円

入場時間:平日 16時~18時(閉館20時)
入場時間:土日祝 16時~19時(閉館21時)

以上、入場チケットのご紹介でした。前売り券は当日に比べかなりお得ですので、前売りを購入して行かれる事をお勧めします。

前売りチケットは公式サイトで購入可能です。
↓↓
レゴランド・ディスカバリー・センター東京
公式サイト

公式サイトで購入した場合は、
予約確認メール(予約番号が記載されたものに限る)をプリントアウトし、
当日持参して入場券と交換して、入場します。

ちなみに、一度退場してしまったら、再入場は出来ません。
ディズニーランドのような再入場スタンプがありませんので、
納得いくまで堪能してください。

可能なら毎月5日を狙おう

毎月5日は
入場券を提示すると、施設内のショップでレゴ商品が10%オフになります。

お土産を沢山買いたい人は、
5日を狙っていくと良いでしょう。

なお、執筆時の情報なので、後日変更になるかもしれません。
詳しくは、公式サイトをご覧ください。

レゴランド・ディスカバリー・センター東京
公式サイト

↑上に戻る

3.メガネNG施設もある(子供のみ)!

レゴファイヤーアカデミー メガネNG

運動施設「レゴファイヤーアカデミー」では、
メガネを着用した子供の入場はできません。
この施設で遊びたい子供は、コンタクトレンズにするなどの工夫が必要です。
(コンタクトも安全とはいえませんので気をつけて)

また、紐の付いた洋服も着用できず、
靴下も必須になるので、あらかじめ考慮した服装で出かけましょう。

↑上に戻る

4.4Dシネマは水で濡れる!

レゴランド 4Dシネマ

4Dシネマは、水で濡れますので、
ハンカチやタオルがあると嬉しいですね。
髪型を直すスタイリング剤なども用意した方が良いかもしれません。

光がピカピカするので、ショックに弱い人は気をつけましょう。

↑上に戻る

5.ベビーカーは持ち込み可能

ベビーカー

ベビーカーは持ち込み可能です。
ところどころ、ベビーカー置き場も用意されています。

ベビーカーが急遽必要になった場合は、
デックス東京ビーチのシーサイドモール3F、
デックス広場インフォメーションで無料貸し出しをしています。

↑上に戻る

6.小学生以下の子供には保護者が必要

小学生以下の子供だけでの入場は出来ません。
大人の同伴が必要です。

↑上に戻る

7.マジで?大人だけでは入れないよ!

2014年からレゴランド・ディスカバリー・センター東京では
大人のみの入場を禁止しました。

基本的には、子供と同伴で入場する事になります。

毎月5日の「レゴの日」の夕方以降なら入場可能

「子供のいない大人だって遊びたい!」
そんな声にこたえてか、大人だけの入場が可能な
大人のレゴナイト」が特別に設定されています。

レゴランド 公式Facebookページ
大人のレゴナイト

毎月5日の「レゴの日」の夕方以降は
大人だけの入場が可能です。

大人1名 1,800円。

入場時間 平日 16時~18時(閉館20時)
入場時間 土日祝 16時~19時(閉館21時)

料金には施設内の全てのアトラクションや乗り物の使用料も含まれています。

「大人のレゴ教室」というイベントも別途開催

「大人のレゴナイト」とは別に
「大人のレゴ教室」というイベントも開催されています。

レゴランド 公式Facebookページ
大人のレゴ教室

レゴランド・ディスカバリー・センター東京への入場と
レゴ教室への参加がセットになったイベントです。

「大人のレゴ教室」は毎月5日ではありません。
イベント開催日の夕方以降も大人だけの入場が可能です。

開催詳細は以下の通り(記事執筆時)。

レゴ教室開催時間:19:30~20:45(集合19:20) 
レゴランド入場可能時間:16時より入場可(21時閉館)
チケット:3,000円

参考:
大人のレゴ教室に行ってきた1 レゴで球体の作り方
大人のレゴ教室に行ってきた2 自由制作の時間

↑上に戻る

8.絶対見ておくアトラクションベスト3!

絶対見ておきたいアトラクションは以下の3つ!

ミニランド

ミニランド

レゴでつくられた、ミニチュアの東京。絶対オススメ。
ホントに良くできています。ずっといても飽きない!

参考:
必見!お台場のレゴランドに行ってきた!その4「ミニランド編1」
模型がすごい!お台場のレゴランドに行ってきた!その5「ミニランド編2」

4Dシネマ

4Dシネマ

体験型の3Dシネマ。
水で濡れたり、光ったりして、大人でも結構楽しめます!
上映時間は20分くらい。

参考:
飛び出すよ!お台場のレゴランドに行ってきた!その10「4Dシネマ編」

ワークショップ

レゴビルダーワークショップ

レゴを使って動物などの作り方をレクチャーしてくれます。
20分くらいのワークショップです。
意外な作り方の発見もあるかも?

参考:
お台場のレゴランドに行ってきた!その6「ワークショップ編」

というわけで、8つのチェックポイントでした。

これから夏休みに入ると、一層混むと思いますので、
東京近辺の方は、夏休み前に行った方が良いのではないでしょうか?

以下は、レゴランド・ディスカバリー・センター東京へ行った際のレポートです。
参考になれば幸いです。

↑上に戻る

「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」レポート一覧

  1. その1 楽しかったレゴランド!「入場編」
  2. その2 素材も見られる!「レゴファクトリー編」
  3. その3 シューティングゲーム「キングダムクエスト編」
  4. その4 マニア必見!「ミニランド編1」
  5. その5 模型がすごい!「ミニランド編2」
  6. その6 レゴで鳥を作る「ワークショップ編」
  7. その7 子供達の遊び場「ファイヤーアカデミー編」
  8. その8 女の子はここで遊ぼう「レゴフレンズ編」
  9. その9 小さい子はここでデュプロ天国!「デュプロビレッジ編」
  10. その10 濡れる!飛び出す!「4Dシネマ編」
  11. その11 自由に車を作れる「レゴレーサー ビルド&テスト編」
  12. その12 壁の絵がすごい!「出口編」
  13. その13 お土産買うならここ「レゴショップ編」
  14. その14 オマケもらった!「お土産編」
  15. 忙しい人のための「お台場のレゴランドに行ってきた!」まとめ編
  16. 行ったから分かる!お台場レゴランド8つの攻略ポイント!←いまここ

前売りチケットを公式サイトで購入するとお得です。
↓↓
レゴランド・ディスカバリー・センター東京
公式サイト

スポンサー リンク

このページの先頭へ